わきが治療の剪除法にはどんなメリットデメリットがあるのか

わきが治療と一言で言ってもいろいろな種類があります。その中の一つに剪除法と言うわきが治療があります。わきが治療の中でも最もポピュラーな術式ですが、どんなメリットデメリットがあるのかこれから紹介していきます。

剪除法のメリットは

剪除法ではわきの皮膚を数センチ切開し、皮膚を反転させます。その後は目で確認しながら、わきが特有の臭いを発生させる汗腺を取り除き、縫合しています。直接目で確認しているため汗腺の取り残りが少なく、殆ど再発しないと言うメリットがあります。確実性の高いわきが治療となっています。

わきがの症状があり腋臭症と診断されたときは保険が使えます。3割自己負担で両わき4万円ほど、わきが治療費の大幅な節約ができるため、手術を選ぶ患者さんの多くで剪除法を受けています。

剪除法のデメリットは

わきの皮膚を切開すると言った関係上、傷跡が残ると言うデメリットがあります。傷跡と言っても数センチのため、時間の経過とともにわきのシワに隠れて目立たなくなっていきます。しかし傷が元になり色素沈着が起きる可能性があります。

手術後は傷を圧迫する目的でガーゼを皮膚に縫い込みし、包帯を巻いて保護しています。切開した部分が治り、包帯が外れるまで時間がかかります。手術後およそ2週間で抜糸することが必要です。

ドクター選びが重要

技術力の低いドクターだと取り残りが多くなり、再発する可能性が高まります。そのためドクター選びが重要です。